痛みで苦しまない人生を医学で導く痛み改善ドクター、富永喜代です。富永ペインクリニックには、長年痛みで悩んでいたり、あの病院、あの治療を受けても痛みがとれなかったと訴え、来院される患者さんが多くいらっしゃいます。

 

そのような方には初診時に、「今までどのような治療を受けてきましたか?」と伺うのですが、私が問診していて、当院を受診する前に受けていた治療成績が見事なほどに悪い患者さんたちに共通することがあります。

 

それは、「大丈夫、私が絶対治してあげるから」と発言する医者にかかっていたということです。

 

患者さん達は医者にこう言われ続けてきたのに、一向に治らないから当院を受診されているわけですが、「なぜ、治らないのに、長年、通い続けたのですか?」と質問すると、多くの患者さんはこう答えます。「だって、先生が絶対治るから、絶対治してあげるから、とおっしゃっていたから。それを信じて」と。

 

その言葉を聞くたびに、私はう~ん、と頭を抱え込みます。なぜ、一向に症状が改善しないのに、この方は通院を続けたのだろうか?と。

 

ある方など、痛みを訴えて診療所を受診したにもかかわらず、「痛かったら、この薬をその都度飲むように」と渡されたお薬は、アレルギー性鼻炎の薬だけでした。それでもその患者さんはちょっとおかしいなと思いつつ、10年通い続けていたそうです。一向に治らない頭痛を訴え続け、処方された薬がアレルギー薬の頓服だったなんて、にわかには信じられないような話ですが、当院では時々聞いてしまうお話です。

 

その患者さんは、医者を信じこんでしまったのでしょうか? 田舎過ぎて、他に医者がいなかったのでしょうか? しかし、その方は50代で判断力は高い方です。また、それほど超田舎の僻地に住んでいらっしゃる方でもないようです。

 

では、なぜ効かない薬を飲み続け、他の治療方法を模索しなかったのでしょうか?