フィギュアスケートのNHK杯が終わった。羽生結弦選手は総合第4位、なんとかグランプリファイナルへの進出を果たした。スケーティングそのものは本来の力の半分も出せていないように感じたが、それでも出場し第4位になり、目標であったグランプリファイナルへの出場権を獲得したことは、彼にとって良かったと思う。ここから少しずつ心身の調子を取り戻し、グランプリファイナルでは圧倒的な演技を見せ、金メダルをつかんでくれることを祈りたい。

 

負傷した中国大会。羽生選手のフリー出場の是非を巡って日本中で議論が沸騰した。私は以前の記事で、あの時点で羽生選手が決めたことを最大限尊重すべきであることを中心に伝えた。

 

賛否両論ある羽生結弦の強行出場だが、世界中の多くの人を感動させたのは間違いない

 

NHK杯の出場時の会見で羽生選手はこう語った。「自分の意思を尊重してくれたコーチと連盟に感謝している」「自分の限界に挑んでいる。ある意味、死と隣り合わせ。ここにいること自体、奇跡に近い。自分の体に感謝している」と。

 

私も先の記事で書いたが、あの時点で負傷時の明確な出場規定がなされていない以上、最終的に判断できるのは選手だけなのだ。それも生半可な覚悟ではなく、世界のトップとして、人生をスケートにかけてきた羽生選手は、すべての責任を自分で背負うという覚悟で決断したことなのだ。中国大会でも、NHK杯でも羽生選手のスケーティングは万全ではない。ただ、羽生選手自身、そのことについては、すべて自分の責任として言動を行っている。弱冠19歳の彼が、自分の言動にすべての責任をもって、競技に臨み、人生を歩んでいる凛とした姿は、ユヅリストと呼ばれる羽生ファンだけでなく、多くの日本人に清々しい気持ちを与えている。