先日、高校時代からの友人に、「両親と同居するための家を買うことになった。来週契約なのだが、気を付けるべきことを教えて欲しい」との相談があった。

 

で、色々アドバイスしたのだが、話を聞くと、今回契約を担当している営業マンは新人で、今回が初めての契約なんだそう。不満げに語る友人にボクは、「多少至らない点があるかもしれないけど、優しくしてあげてよ(笑)」と冗談半分に話し、さらに、「きっとその営業マンにとっては、今回の契約は一生忘れられない経験で、キミのことは生涯忘れることはないよ。人の記憶に自分の存在を刻み付ける経験って、そうそう出来ることじゃないよ」と、半分以上大真面目で語った。

 

かくいうボクも初契約のことは今でも鮮明に思い出すことが出来る。売主さんのことも買主さんのことも。

 

平成16年の10月だったか11月だったか。ちょうど今の季節みたいな、コートをそろそろ引っ張り出さなければいけないような寒い時期だった。契約が決まった嬉しさよりも、ちゃんと最後まで進めていけるかどうかのプレッシャーの方が大きかったのを覚えている。

 

ある日、ボクのたどたどしい進め方を察したのか、

 

お客さん:「楯岡さんは経験どれくらいあるの?」

 

と聞かれた。この「経験」が女性経験の数を指すことではないことぐらい、新人のボクでも分かる。当然不動産売買の経験のことだ。「実は……今回が初めての契約で……」と、正直に伝えたらなめられる、頼りない、と思われることを恐れたボクは、

 

ボク:「あまり経験はないですけど……1年半くらいですかね~」

 

とかなり「盛った」。1年半経って、このときのようなたどたどしい進め方をしている方が、それこそ「過去の経験から何も学べないただのボンクラです」と公言しているようなものなのだが、その時には気づかなかった。