先日、ブログでご報告した通り(漫画喫茶で「仮睡盗」にあった話を一部始終、ご報告します!)、仮睡盗(かすいとう。寝ている間に盗難にあう犯罪のこと)にマンマとやられてしまった筆者。き~くやし~と言っても、残念ながら盗られたものは戻ってきません。

 

加えて筆者の場合、クレジットカードの他に、運転免許証なるレッキとした身分証明書を盗まれてしまったので、悪用の心配に日々びくびくする羽目になってしまいました。

 

被害にあってから今まで怒涛のように対策に追われ、ヘトヘトになってしまいましたが、ここは、折角、身をもって体験したのだから、調べに調べた事後対策をマニュアル化しなければならない!と心に誓った訳です。はい。

 

■クレジットカードが盗まれた時の対応

当たり前ですが、真っ先にクレジットカード会社に電話をしなければいけません。気が動転していると、どこへ電話をしてよいのか分からず、オロオロしがちですが、スマホをお持ちの場合は、「●●カード 盗難紛失 問い合わせ」と検索すれば瞬時に連絡先を調べることができます。また、ネット環境がない場合は、近くの公衆電話に案内回数分の100円玉を入れて、番号案内104番へ電話をすることをお勧めします。カード会社と盗難紛失の窓口を聞けば、数秒で検索をしてくれます。この時、メモを取る準備を忘れずに!

 

クレジットカードの場合は、盗難紛失の連絡を入れる前にすでに不正利用された場合でも60日程度遡って補償をしてくれます。指示に従って、落ち着いて受け答えをしましょう。

 

なお、クレジットカードとキャッシュカードが一体型になったタイプをお持ちの場合は、先にクレジットカード会社へ連絡することをお勧めします。これは、一部、キャッシュカードの盗難紛失の窓口が昼と夜で変わる銀行があり、連絡先を探すのに時間がかかることと、暗証番号で守られているので、多少猶予があるためです。また、クレジットカード会社によっては、カード停止手続きのあと、銀行へそのまま転送してくれるところもありますから、スムーズに手続きを進めることができます。