■業績浮上の糸口さえ見えないマクドナルドの迷走

マクドナルドの顧客離れが止まることを知りません。

 

11月6日に発表された2014年1月-9月期の決算は、売上高が前年同期比12.7%減の1722億円、最終損益は前年同期には63億円の黒字を計上していたものの、今期は一転75億円の赤字に転落してしまったのです。

 

特にここ4ヶ月は、全店売上が前年同月比、7月マイナス18%、8月マイナス26%、9月マイナス17%、10月マイナス18%と深刻な売上減から立ち直る兆しさえ見えない状況なのです。

 

この大きな不振の原因となったのが、7月に発覚した原料の仕入先である中国工場の期限切れ鶏肉の使用問題。

 

この事件が、ニュースで日本の消費者の間に広まると、この工場から仕入れていたマクドナルドのチキン関連商品に対する不安が一気に高まりました。

 

そこで、マクドナルドは既存の在庫を廃棄し、今後はこの工場から一切原料を仕入れないことを発表するなど、火消しに追われました。

 

ただ、一度失った信用は取り戻すことが難しいということなのでしょう。

 

マクドナルドとしては、数々の新商品を投入したり、新しく生まれ変わったチキンマックナゲットを無料で試せるクーポンを配布したり、あの手この手を繰り出して顧客を呼び戻そうと懸命に努力しますが、どれも空振りに終わり、苦戦を強いられているのです。