セブンカフェなどコンビニコーヒーが空前のブームを迎える中、顧客を奪われ苦戦している業界や企業もあります。そのうちの1つが缶コーヒー業界。

 

缶コーヒー業界は2005年あたりから市場が縮小し始め、最近ではスターバックスなどのカフェやセブンイレブンなどのコンビニに顧客を奪われ、深刻な市場の縮小に悩まされています。

 

たとえば、缶コーヒーのトップブランドである日本コカ・コーラ社の「ジョージア」でさえ、ここ10年間で1億4030万ケースから1億470万ケースと25%も出荷量が落ち込んでいるのです(飲料総研調べ)。

 

■コンビニと正面戦争を選択した「ジョージア」

「ジョージア」を展開する日本コカ・コーラ社は、爆発的ヒットの続くコンビニコーヒーに対抗するために、JR東海の子会社である東海キヨスクが運営するコンビニエンスストア「ベルマート」に独自に開発したマシンを導入し、カウンターコーヒーを販売することを決定しました。

 

缶コーヒーで勝負するのではなく、コンビニのカウンターで淹れ立てのコーヒーを提供するという、真正面からセブンイレブンやローソンなどのコンビニコーヒーに勝負を挑む戦略を打ち出してきたのです。

 

すでにコンビニコーヒーは顧客の間で100円という低価格の割に美味しいという評価が定着していますので、日本コカ・コーラ社はカウンターコーヒーへの参入にあたって、コンビニの淹れ立てのドリップコーヒーに負けないように、総力を結集してコーヒーマシンを新たに開発。

 

特に駅ナカの立地に合わせ、時間に余裕のない顧客を想定して、大手コンビニが1杯当たり40秒ほどかかるところを、30秒で提供できるマシンを強みに顧客を獲得することを図ります。

 

当初は東京駅と名古屋駅にある2店舗での導入に留まりますが、導入してから予想を上回る売上を記録していることから、今後は新幹線の停車駅を軸にさらに導入店舗を拡大していく計画です。