小学校の高学年になると、毎日、新聞記事やコラムの要約をするよう指示する先生が結構います。新聞を題材にするのは、毎日タイプの異なる様々な文章が簡単に手に入るからで、要約対象は新聞記事に限定されないのですが、この要約行為は、社会人になってからも使える大事なスキルを磨くとても重要なトレーニングです。

 

まずは、難しい文章を簡潔に理解するトレーニング。

 

文章を理解できなければ意味ありませんし、理解をアウトプットできなくても意味ありません。そこで、インプットとアウトプットを総合的に対応するため、まずは最も簡潔に理解することが大事です。

 

次に、困難なことに取り組む精神力と経験を積むこと。

 

難しい文章を最初からさらっと読める人はいません。しかし、難しい文章でも粘り強く取り組めば必ず理解できます。このように粘り強く物事に取り組むことで精神力を育み、様々なかたちの困難に取り組むことで、困難なことに取り組むノウハウを自分なりに考えて形成していくことが期待されます。