LINEの情報伝達、リーチ力はすさまじいものがありますね。FacebookやTwitterの拡散力とはまた微妙に違う、仲間内の口コミツール、連絡ツールとして、もうマーケターが無視できる存在ではなくなりました。スモールビジネスオーナーももちろん、このLINEとの付き合い方を考えていかないといけないでしょう。

 

■LINEの種類

LINEは大きくいって3種類あります。

 

1.LINE個人アカウント
2.LINE公式アカウント
3.LINE@(アット)

 

その他にも、「LINE電話」「LINEビジネスコネクト」「LINEストア(クリエイターズマーケットなども含む)」などの様々な拡張サービスがあり、ものすごい勢いで発展しています。

 

1のLINE個人アカウントは、これは私たちが個人で通常使っているものです。いろいろな機能はありますが、友達と1対1、あるいは小さなグループでチャットをメインに使っている人が多いかと思います。

 

2のLINE公式アカウントは、主には大企業、資本力のある企業が持つアカウントです。高額な契約金が必要なため、スモールビジネスオーナーさんにはちょっと敷居が高いです。

 

3のLINE@は、価格も無料から数千円と、私たちでも利用しやすいです。アカウントが成長すれば大きな費用がかかる仕組みですが、そのころには支払い能力も高まっているでしょう!