このところ、住宅取得予定者の方からライフプラン作成依頼をいただくことが多く、住宅資金計画だけではなく、住宅ローンのご相談にもお答えする機会が増えています。

 

そして、今月に入り、フラット35で借入期間20年にされるという方が続きましたので、ご紹介。

 

まず、フラット35についてですが、これは住宅金融支援機構の住宅ローンで、借入期間中の金利はずっと同じ、全期間固定金利の住宅ローンです。

 

実際の借り入れは、銀行などの金融機関で手続きを行うのですが、金融機関により金利や手数料が異なるので、その点には注意が必要です。

 

そして、今月(2014年10月)の金融機関によって異なる金利が異なる中での最低金利は、融資率が9割以下(つまり、頭金で1割以上は用意)の場合だと、借入期間が21年以上35年以下で1.65%、借入期間20年以下で1.38%となっています。