朝のTVの情報番組や週刊誌で特集が組まれるなど「ブラック家庭」が話題となっています。「ブラック家庭」とはどのような家庭かというと、理不尽な言動などで追い込んでくる配偶者がいる家庭のことだそうです。

 

特に、妻から夫への攻撃や無理な要求が増えていて、「妻が夫に挨拶もせずに、攻撃的な言動を続ける」「夫に家事の手伝いを過剰に強要し、ダメ出しをする」といった事例が挙げられ、「ブラック家庭」の主役は傲慢な妻で、被害に遭っているのは夫ということです。

 

「ブラック家庭」になりやすいのは、この人と一緒になれば生活が安定する、親の面倒をみてくれる、いい歳だし早く嫁に行きたい、など、「愛情以外の打算」が動機で結婚した場合が多いといわれています。

 

こうした動機で結婚すると、夫婦は生活のための同居人という感覚になってしまい、生活の維持が目的なので、相手に対する愛情や思いやりは不要になってしまうのでしょう。

 

私の相談者の中でも、このようなブラック家庭問題で悩んでいる人がいます。