1日で100万部を超えたという、なんともうらやましい百田尚樹原作の、『海賊とよばれた男』を読み終わった。

 

この中で描かれている、主人公(出光興産の創業者)が経営する国岡商店の、仕事ぶりはすさまじいものがある。

 

詳しくは未読の人のためにも書かないが例えば、

 

・石油タンクにもぐり、人力で油をすくい(従業員が)酸欠で倒れる

・タンカーのタンクを突貫でクリーニングして(従業員の)皮がはがれる

・撃沈される可能性が高い航海を、(作業員やその家族に)内緒で勝手に決める

 

ちょっと厳しければすぐに「ブラック企業だ!」と批判を受ける、現代では比べものにならないほどの労働状況の悪さだ(笑)。なぜここまでの労働を強いることが出来るのかというと、戦争に負け沈没しそうになっている日本を、どうにかして立て直したい!という思想・企業風土が国岡商店には存在するからだ。

 

だからいくら過酷な労働条件であろうが、「日本のために!」を合言葉に、社員たちは喜んで、笑顔で働く! 彼ら従業員にとって、そんな激務を強いる主人公と会社は、日本を立て直すために身を粉にする愛すべきもので、自分がどれだけ傷つこうが構わない、何が何でも潰してはいけない、(国・会社を)守りたいのだ。

 

このように上記の本の中では、日本再建のため、国岡商店のためには命も捨てる!という気概を持った多くの社員が登場する。

 

過酷な労働状況であろうがなんだろうが、ほとんどの社員たちが嬉々として働いているということは、国岡商店は過酷な労働状況にも関わらず、現代でいうところの「ブラック企業」ではないのだろう。

 

現代の物差しで当時の労働状況を語るのもおかしな話なんだけど、まあ面白いから良いでしょう(笑)。