先日、住宅ローンのご相談をお受けしていた際にいただいた質問がこちら。「ガン団信ってどうですか?」。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、簡単に「ガン団信」と、その前に「団信」の説明をしておきますね。

 

「団信」というのは、団体信用生命保険の略です。これは住宅ローンを金融機関で借りる際に加入が求められるもので、一部の住宅ローンを除くと、団体信用生命保険の加入が住宅ローン貸し出しの要件になっています。保険と名がついていますので、その保障の内容はというと、住宅ローン契約者が万一時(死亡または高度障害時)に、住宅ローンの返済が不要になるというものです。

 

考えたくはありませんが、住宅ローンの契約者の多くは世帯主であり、万一時には家計の収入が無くなったり、大きく減少したりしますので、残されたご家族のことを考えると、住宅ローンの返済が不要になり、なおかつ住むところが確保されるという団体信用生命保険は、家計のリスク管理という意味合いからも非常に重要になってきます。

 

そして、今回ご質問の「ガン団信」というのは、死亡および高度障害時だけではなく、ガンになった(確定診断された)際にも住宅ローンの返済が不要になるというものです。