先日、テレビ東京の大江麻理子アナウンサーとマネックスグループのCEOである松本大さんとの結婚が発表されましたが、続いて女優の仲間由紀恵さんと俳優の田中哲司さんの結婚が報道されました。お2人ともに、お相手との年の差は10歳以上という年の差婚で、お相手はどちらも「おじさん」と呼ばれても仕方がない、アラフィフの男性です。

 

実は、1980年代後半のバブル期以降、「おじさんブーム」は何度かありました。バブル期には、大人の遊びを教えてくれたり、おいしいものをご馳走してくれる「おじさま」が女子の間で人気でしたが、このときは結婚対象ではありませんでした。

 

しかし、ここ2~3年の年の差婚ブームは、10歳以上年上の「おじさん」が結婚相手として、アラサー女子の間で人気となっていることを証明しているのではないでしょうか。

 

今の20代からアラサー世代の女性は、仕事にも恋愛にも積極的でパワフルなので、同年代の男性は物足りなく、頼りなく思えてしまうようです。