元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫さん(57歳)が20歳年下の宮崎県在住の一般女性(37歳)と再々婚していたことがわかりました。ツイッターでは「先日、入籍をさせていただきました。詳しいことはブログにでも書かせていただこうかなと思っております。まあ、しかし、タフな人生です(笑)」と報告しています。

 

東国原さんは、たけし軍団で「そのまんま東」の芸名で活躍していた1990年に、女優のかとうかず子さんと結婚し、1男1女をもうけましたが、宮崎県知事選に出馬する際にすれ違いが生じ、2006年に離婚しています。また今年6月のイベントで、1985年にフリーアナウンサーの女性と結婚し、4年で離婚していたことを告白されたので、今回は再々婚になります。

 

私の依頼者の中でも、再々婚のご主人と離婚したいという方がいらっしゃいました。

 

高橋由美さん(仮名/37歳・神奈川県)は、幸雄さん(仮名/55歳)と3年前に結婚され、2歳のお子さんがいます。

 

お相手の幸雄さんは再々婚です。幸雄さんは東京都内で飲食店を5軒経営され、趣味はクルージングという若々しい肉食系の男性だそうです。仕事にも遊びにもアクティブで、職業柄、若い女性と出会う機会も多く、2度目のお相手も10歳以上年下だったそうです。