ドラッカーは、現代経営学やマネジメントの発明者。20世紀に活躍したウィーン生まれの経営学者ですが、日本では「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で多くの人にその名を知られるようになりました。

 

そのドラッカーは計画作りで大切な4つの優先順位を書いています。

 

1.過去ではなく未来を選ぶ
2.問題ではなく機会に焦点を合わせる
3.横並びではなく独自性を持つ
4.無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ

 

私も、FPとしてお客様のライフプランを作るときに、このことを意識してアドバイスをしています。