巷で話題のドラマ「昼顔」(フジテレビ系列・木曜22時~)

 

ちょうど書籍の執筆中にスタートしたのでリアルタイムでは観られなかったのですが、先日録り溜めしていた分を観終わり、やっと世間に追いつきました(笑)。

 

まーアレですね。いい感じにドラマ仕立てというか、ドラマティックな展開やらシーンが上手に盛り込まれているなと。現実、あんな半径1キロのところで不倫をするのは愚かすぎます。ご近所不倫なんて、バレるのは目に見えています。

 

家庭に不満があって「誰でもいいから別の人と……」なんてアバンチュール目的で不倫(浮気)するのであれば、最低限、日常生活のテリトリー外から相手を探すのが賢明です。「うっかり出会って(近所の人を)好きになってしまった」という場合でも、せめて逢瀬の場所は圏外エリアにするべきです。不倫に造詣の深いあたしが言うのですから、心当たりのある方はよく覚えておくように(笑)。

 

おっと、擁護するようなことばかり述べてはいけませんね。第三者の公正な視点から申しましょう。

 

よくも悪くも、不倫のドラマがヒットすると、イージーに影響される人は出てくると思います。

 

ドラマの主人公に共感、または憧れる、または自分を上戸彩、または吉瀬美智子だと勘違いしちゃう(!)人もいれば、顛末を観た上で「そうか、家庭の不満を中和するために不倫するという手があったか」とポジティブに影響されてしまう人もきっといるかと(かつて「金曜日の妻たちへ」というドラマがヒットしたときも、そういった現象は起きたようです)。