「準備80%:本番20%」。何か物事を行う場合、本番当日の状況が結果に占める割合は、20%ほどしかなく、成功するか失敗するかの分かれ目は、準備の段階で80%決まっているということを示しています。

 

利益の80%は20%の顧客からもたらされているといった、「2:8の法則」「パレートの法則」と呼ばれるものを利用した管理用語です。

 

20%という数字自体に大きな意味はなく、大切なのは問題が発生してしまった時に問題を解決しようと動いても解決することは難しいという教訓です。

 

ですから、準備の段階で想像力を働かせて、万一不測の事態に陥った時に備えておくことの大切さを教えてくれています。

 

また、自分では100%万全の準備を行ったつもりでいても、本番を迎えると必ず20%ぐらい予想できなかった問題が発生するという意味も込められています。