大手コンビニエンスストアで客がオーナーと店長を脅して商品を奪い、土下座させている動画などを録画しネットに投稿した話。

 

全国ネットでもそのニュースは報じられ犯人たちは逮捕に至ったが、これって恐喝した側が動画をUPしたから話が大きくなったにすぎない。今まで、Twitterでもスマホ等で悪ふざけの写真を撮ったものが問題になったが、これもネットにUPされたから騒がれたにすぎないと思うのだ。

 

もともと、こういった輩は昔からいる。私もサービス業をしていた時に多くの理不尽な人間と対峙したからよくわかる。そういった人間は、総じて建設的な考えに乏しい。物事の解決よりも自己顕示欲やその欲求を満たす事が先行している。

 

昔はそういったトラブルが表に出る環境になかったが、今は国民総ジャーナリスト時代。誰でも情報発信が気軽にできる環境にある為、新聞に載らないような小さな出来事も世論を巻き込んで大きな出来事になる。

 

さらにツールの使い方が問題だ。SNSも動画投稿サイトも使い方次第で大きなビジネスツールになるのは、いまや常識だ。ただ、ビジネスだけでなく気軽に周囲の人間と楽しむのも常識でもある。

 

ようは使い方次第で人生は大きく変わる。こういった事件を起こす方々には、とにかくその影響を勉強した方がいいのでは?と思う次第である(まあ、勉強する人間ならこんな事件は起こさないだろう)。