なぜなら、夫婦はもともと赤の他人である。最初から、何を言っても、何をやっても許してもらえる関係ではないのである。

 

愛情という形もない特別な感情のもとで、婚姻届という薄っぺらい紙一枚でつながった、いつでも破れてしまう二人なのだ。だから、お互いに気を使いあわなければならない。じゃないとすぐに破れてしまう。

 

例えば、パートナーがあなたに「好きにしていいよ」と言ったとしよう。これを言葉通り受け取って「じゃあ、自分の好きにしよう」と考えたあなたは、間違いなくパートナーに幻滅される。

 

正解は、「パートナーのことを十分に配慮したうえで、好きにする」が正解なのだ。間違っても、自分の都合だけを優先してはならない。実際、破局する大きな要因は、小さな「自分の好きなようにする」が積み重なった結果なのだ。

 

直接、破局のきっかけとなった原因なんて、多くの原因の中の氷山の一角に過ぎない。

 

相手に言いたいことを言えることは確かに大切なことだ。しかし、そこには必ず相手に対する礼儀、気遣い、思いやりが入っていないと良い関係は築けない。単なるあなたの自己主張を繰り返せば、あっという間にパートナーのあなたに対する愛情は冷めてしまうんだ。