結論から伝えよう。仲の良い夫婦とは「お互いに遠慮し合う夫婦」である。「何言ってんだ」と言いたくなったかもしれない。けれど、これが本当に仲良い夫婦の真実なんだ。

 

「何でも言い合える夫婦になりたい」

 

どこの結婚式でも出てくる新郎新婦のスピーチの一つだ。

 

何でも言い合える夫婦=仲の良い夫婦

 

というイメージはほとんどの人が持っていると思う。でも、それは本当に仲の良い夫婦なのだろうか。私はそうは思わない。何でも言い合えば、むしろ破局へまっしぐらだと思っている。もちろん、反論があるのは百も承知だ。

 

「何でも話せないなんて、仲がいいとは言えない」とか、「夫婦なのに遠慮し合うなんておかしい」と批判する人はたくさんいると思う。けれど、私は声を大にして言いたい。言いたいことを言い合っても仲の良い夫婦になんかなれるわけないということを。