電車の中で子どもが騒ぎ出してしまったり、大泣きしてしまったり。
周りの目が気になってしょうがありませんよね。
気ばかり焦って、つい子どもよりも大きな声で怒鳴ってしまい、余計に周りの注目を集めてしまったり……(涙)。

 

電車の中で今、人の迷惑にならないようにさせるのは、親の「社会人としての責任」。
電車の中で人に迷惑をかけないことを、根気よくしつけるのは「親としての責任」。
この似て非なる2つの責任が入り乱れるから親はパニックになります。

 

「今、ここ」で人に迷惑をかけないことを優先するのであれば、子どもをしつける「親としての責任」を一旦あきらめざるを得ない状況もあるでしょう。
電車を降りるなり、あめ玉を与えるなり、とにかく子どもが静かになる方法を取るしかありません。
しつけ上は禁じ手ですが、しつけが身につくまでは仕方ありません。
どんなに大声で怒鳴りつけたところで、電車に乗った時にできていないしつけが降りるまでにできるわけがないのですから。
しつけに例外をつくるとよくないという人がときどきいますが、私はそうは思いません。
そうやって状況判断能力を身に付ける、つまり空気が読めるようになるという側面もあると思いますし。