ビジネス交渉力はMBAで鍛えられる能力の一つです。

 

成功するMBAホルダーは、交渉相手の言葉に気をつけながら、いかにして有利なビジネスを展開していくかを知っています。交渉の上手い下手で、策定した経営戦略がその通りに行くか、行かないか決定するといってもいいでしょう。

 

MBAホルダーが起業して経営者となった場合、交渉を数多くこなすことになります。交渉は相手が話す言葉のウラを理解して、自社が有利な方向に進めることを求められる非常に重要な能力です。

 

どんなに素晴らしい経営戦略を策定したとしても、それが予定通り進まなければ全く意味はありませんよね。交渉力を非常に重要と考えているMBAホルダーはそれをよく知っています。そのため、彼らはMBAプログラム受講中に強い交渉力を身につけることに重点を置き、それを意識しながら日々の授業に励んでいるのです。

 

以下の4つに紹介するのは、交渉相手がよく口にする内容です。しかし、これらの言葉をそのまま信じてはいけません。相手の話す言葉のウラを探る必要があるのです。