先頃、金沢市(石川県)近郊を走る北陸鉄道石川線に新駅ができるとの報道があった。その駅名は陽羽里と書いて「ひばり」。判じ物みたいな珍奇な子供の名前(「キラキラネーム」という)が隆盛を極めているが、それが駅名にまで波及したのかと話題になっている。

 

もっとも、この駅名は開発中の住宅地の名称をそのまま使ったものなので、鉄道会社が奇をてらって命名したものではない。漢字は妙だが、「ひばり」という音は住宅地にはよくある名前で、最寄駅に「ひばり」が付く駅名は全国にいくつかある。

 

「ひばり」という駅名で思い出すのは、阪急宝塚線雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)駅、西武池袋線ひばりヶ丘駅、札幌市営地下鉄東西線ひばりが丘駅であろうか。阪急の雲雀丘は中々に読みづらい駅名だが、西武池袋線のひばりヶ丘駅は、新興住宅街の最寄り駅によくある「ひらがな」駅名のはしりで、1959年に田無町駅を改称して誕生したものである。

 

 

その後、軽くて明るい感じのいかにも住宅地といった駅名が雨後の筍のように登場している。とりわけ1970年代を中心に急ピッチで開発が進んだ東急田園都市線には、たまプラーザ、あざみ野、つくし野、すずかけ台、つきみ野といった駅名が続いている。