男女共同参画社会の文脈に限らず、社会運動において、価値観の相反する、もしくは表現手法の違う相手に対して過敏に反応することは、結局自分の進む道を余計に険しくする。1960年代から世界で最も強力にウーマンリブ運動を繰り広げていたアメリカの男女平等度がいまだにそれほど高くない(日本に比べればだいぶましだが、それでも日本で思われている以上に実は男性優位社会である)ということは、何を示唆するのか。過ぎたるは及ばざるが如しということではないか。

 

うまくいっている夫婦というのは、お互いに言いたいことをいいながら、相互理解にこそエネルギーを傾ける。しかしうまくいっていない夫婦というのは、お互いに自分の主張を通すために相手を打ちのめすことにエネルギーを傾ける。

 

家庭内だけではなく、社会においても同じではないだろうか。目的はダイバーシティであり、相互理解であるはずなのに、自分の主義主張に自分自身が絡め取られ、相手を打ち負かすことに意識が向かってしまうと、せっかくのお互いのエネルギーが打ち消しあってしまい、正しい方向に進む推進力としては機能しなくなってしまう。

 

一連の「家事ハラ」騒動について、たしかにツッコミどころは満載のリリースではあったけれど、最初から100%政治的に正しく(Politically Correct)新しい概念が登場することなんてあり得ない。出る杭を打つ精神ではなく、それをきっかけにして、相互理解を深めようという気概、寛容さこそが社会を動かすはず。

 

それこそ言葉の表層だけを捉えて批判するのではなく、「家事ハラ」という言葉の登場でなぜみんなこんなに反応したのかという、本質を見ていくようにしなければいけないと思う。いろいろな論点があるのだと思う。今回はすでに言葉の一人歩きが始まってしまった。ある種の炎上マーケティングとしては大成功だったと思う。

 

調査結果は、なんだかんだいって85%前後の家事ハラ夫婦が夫婦仲が良好であることを示している。考えてみれば当然だ。夫がまったく家事などする気もないなら家事ハラ起こり得ない。夫婦がまったく口をきかないほど冷め切った関係であれば家事ハラ発言も発しない。仲がいいからこそ言い合える。明るく家事ハラできることは少なくとも夫婦仲はいい証拠ともいえる。本当の思いやりとは、相手に遠慮して本音を言わないことではなく、相手を信頼して本音をぶつけることだから。