日曜日は1年に約50回あります。

それが6年間ということは300回の日曜日があるわけです。

一方人の一生は約3万日といわれますから、割返してみると、たった1%だということがわかるかと思います。

 

そんな貴重な時間をなんとなく過ごしちゃもったいないってことなんです。

子どもが「パパー!」って胸に飛び込んできてくれるなんて、人生のうちでほんの数年間、期間限定のことなんです。

奇跡みたいなことなんです。

このことに気づいていない人が多いんですよね。

このことに気づくと気づかないとでは、子どもと過ごす時間の濃さが違います。

  

「もうちょっと寝かせてよー」「パパ疲れてるんだよー」なんて言っている場合じゃないって思いませんか。

近くにいると気づきませんが、子どもは日々成長しています。

たった1%しかない日曜日を、休日出勤やら、出張やら、ゴルフコンペやらに奪われてしまうのはもったいないと思いませんか。

 

親子として、いちばん濃密に過ごせる幼少期くらい、子ども最優先で生活を設計してもいいんじゃないかと思います。