Dscn0817

 

『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)。風変りなタイトルに惹かれて、読んでみた。

 

著者は岡山の古民家で日本古来の酒造りの方法に則って、天然の麹菌をいかしたパンづくりをされている「パン屋タルマーリー」の渡邉格(いたる)さん。

 

東京で生まれ、31歳でパン職人になることを決意し、奥さんとともに千葉で店を開き、東日本大震災をきっかけに家族で岡山に移住した。

 

パン屋さんになるきっかけや天然菌を追究していったその道筋には、渡邉さんならではの力強い物語がある。

 

開業物語と並行して渡邉さんはマルクスの『資本論』の超訳を伝える。今の世の中の仕組みを考えさせられる。