NASAから驚くべき研究結果が発表されました。2012年7月、一歩間違っていたら現代文明が崩壊する危機があったということです。NASAは「18世紀に後退」と表現しましたが、とても控えめだと思います。ぼくは、原始時代に逆戻りしていただろうと思います。

 

■現代文明から電力を取り除いた状態を想像してみてください

以下の引用は、発信元のAFP通信からの抜粋です。

 

12年の強力な太陽風、地球をニアミス NASA

 

【7月25日 AFP】2012年に地球のそばをかすめた強力な太陽風は、地球を直撃していれば「現代文明を18世紀に後退させる」ほどの威力があるものだったと、米航空宇宙局(NASA)が23日、発表した。

 

NASAによると、2012年7月23日に地球の軌道上を駆け抜けた太陽風は、過去150年間で最も強力なものだった。しかし、何が起きているかを理解している人はほとんどいなかったという。

 

「もしも、(この太陽風の)発生がほんの1週間前にずれていたら、地球は集中砲火を浴びていただろう」と、米コロラド大学(University of Colorado)大気宇宙物理学研究所(Laboratory for Atmospheric and Space Physics、LASP)のダニエル・ベーカー(Daniel Baker)教授は語る。

 

(中略)

 

「2012年の太陽風があの瞬間に起きたことは、地球と地球上の生物にとってとてつもなく幸運だったと、最近の研究結果を受けてますます確信するようになった」とベーカー氏は述べる。

 

太陽風は広範囲の停電を引き起こし、ラジオや全地球測位システム(GPS)から水道まで、電力に依存する大半のものの機能を停止させる恐れがある。

 

本当に幸運でした。現代文明から電力を取り除いた状態を想像してみてください。それが地球全体で起きるのです。確かにNASAが言うように、電力供給が豊かではなかった18世紀レベルになるということも一理あります。しかし、ぼくはそんなに甘いものではないと考えます。