■イクメン夫婦の皮肉な葛藤
ただでさえ子育て中は夫婦の葛藤が増えるんです。
実は、夫が家事や育児に積極的であればあるほど、一時的に葛藤は増えます。

 

男性が積極的に関わることって、世の中的に大歓迎されているじゃないですか。

 

・ママの負担が減る
・ママが笑顔になれば子どもも笑顔になる
・子育て中の女性のライフスタイルに幅ができる

 

などのメリットが挙げられます。
一見いいことづくめなんですが、そこには落とし穴もあるってこと、意外と気づいていない人、多いみたいです。

 

想像してみてください。
あなたは、とある中小企業の創立経営者です。
会社や社員は自分の子ども同然。
これまで、大変な局面も多々ありましたが、最善と思う決断を下し、実行し、今日までなんとかやってきました。
自分の判断力と行動力にはそこそこの自信もあります。
これからもなんとか良い方向へ導き、成長させていきたい。

 

そこに突然同じくらいに会社や社員を愛してくれる副社長が現れました。
最初は感激しました。
「これで自分の重荷が半減する」
しかし、そう思ったのもつかの間。
次第に二人の意見が食い違うようになりました。
会社をより良くする目的は一緒なのに、そのためにとる経営戦略が、まるで反対意見だったりするわけです。

 

次第にあなたと副社長は険悪な関係になっていきます。
口もききたくなくなります……。

 

ワンマン経営者には、重責を背負うのは大変さの代わりに、好き勝手にできる自由があります。
しかし、共同経営者が出現することで、好き勝手というわけにはいかなくなります。