■相手の言動に感情を預けないのが大人
夫婦に限らず、人間関係の悲劇の多くは、相手に期待しすぎることで起こります。
自分の期待に応えられなかった相手に失望し、それが怒りに変わり、その怒りが相手にも伝わり、対立構造が深まってしまうのです。

 

赤の他人の間にはこのような葛藤は生じません。
お互いに期待する関係だから生じる問題です。
特に子育て中の夫婦においては避けられない問題です。

 

「そんなことをいうからやる気をなくすんだ」とバンザイお手上げしてしまうことや、「あなたが理解してくれないから私がつらい思いをしているのよ」と相手のせいにしているうちは、自分は何も成長できません。
相手だけに変わってもらおうとするのはかなり子どもっぽい考え方です。
そのような葛藤を乗り越える強さを、自分自身が身につけなければ、チームワークも成長しません。

 

夫婦同士で責任のなすりつけあいや犯人捜しをしても何もいいことはありません。
相手を非難するのではなく、そんな人を相手にしつつ、自分はどうすれば自分の感情を相手に預けなくてすむかを考えるべきです。
相手がどうであろうと動じない自分の軸をつくるということです。
そうやって人間は成熟していくのだと思います。
自分の軸がしっかりしている人は、少々のことでイライラしたり、怒ったりしません。
自分の軸がしっかりしている人は、自分とは異なる意見をもつ人の話も冷静に聞くことができます。
自分の軸がしっかりしている人は、相手の気分を害さずに、自分の意見をはっきり述べることもできます。
自分の軸がしっかりしている人は、自分だけではなく他人のためになることを発想する広い視野をもつことができます。