セブンの隣にセブンができるワケ

 

コンビニのそばにコンビニができることは珍しくない。文中にも書いてあるが大きな理由としては、「競合の出店を防ぐため」「ニーズを捉えるため」の2つになる。

 

詳しく書いていこう。

 

コンビニを徒歩で利用する場合の最長距離と言われているのが500mだ。当然遠くなれば、徒歩での来店動機は薄れていくわけだ。

 

そこで、出店の範囲が狭まっていく。500m先に競合が出店することで、今まで500m歩かなければ辿りつけなかったコンビニが目の前に出来て便利になる人が出てくる。その人は、当然近くのコンビニを利用するようになる。よって、元々あったコンビニの売上は落ちることとなるわけだ。近くにあって使いやすいというニーズを捉えるための出店だ。

 

では、元々コンビニがある場所にコンビニを建てて売上は稼げるのか?という疑問が湧くだろう。明確な解答を持っているわけではないが経験則で言うと、コンビニの真隣にコンビニを作った場合、2店合わせると元の1店舗の売上より高くなるのだ。細かいニーズを2店合わせてとらえた結果なのか、それとも別の理由があるのか……。

 

もちろん、真隣に競合が建つことは特殊な事例を除いてありえない。しかし、記事にもある通り、100mとかいう超近接立地に競合が出店してくる可能性はある。

 

店舗分析で、100万円の売上を1店舗で稼いでると想定されれば、超近接立地に店舗を建てても60万円の売上予想が立てられる。60万円ならコンビニ1店舗を運営するのに問題ない数値だ。そう考えて、出店攻勢がかけられる。

 

それを防ぐために、「自社コンビニを先に立ててしまえば、競合が出店する隙間がなくなる」という戦略を打つことになる。