今まで「燃料電池車はどうか?」と聞かれたら、0.5秒も迷わず「ダメでしょ」と答えてきた。しかし! 700万円程度で2014年度内に発売するという『FCV』を見たらコペ転しちゃいましたね。トヨタ、本気だったのだ。ベンツEクラスやレクサスGSの価格なら欲しい人はいっぱいいるだろう。

 

私だって700万円なら欲しい。価格だけ見てもトヨタの意気込みを感じます。加えて東京モーターショーの時より大幅にスタイルが良くなっているし、燃料電池車らしさをタップリ持ってるのも良い。生産可能台数は少ないようなので、おそらく当面は生産が追いつかない状況になることだろう。

 

6251t

 

トヨタは量産することにより燃料電池のコストを下げるという自動車業界の王道を選択した。実際、作ることによりコストは下がる。下がってくれば、トラックやバスなどのパワーユニットとしても注目を浴びることだろう。ディーゼルエンジンの代替として考えれば文句無し。というか決定打になる。