この新奇性探究をコントロールしているのが、脳が興奮したときに出る物質「ドーパミン」です。新奇性探究が強い、弱いというのは、脳内のドーパミン量というよりも、ドーパミンを受け取るところ(これを「ドーパミン受容体」といいます)の遺伝的な違いによって決まるという研究結果があります。ですから、ドーパミン受容体の遺伝情報を調べれば、将来的には緻密な性格分析ができるようになるかもしれません。

 

しかし、性格は固定しているものではなく、「経験」や「環境」によって変化する柔軟性のあるものです。

 

ひとつ付け加えておきたいのですが、どの性格の人が人間として優劣があるというわけではありません。新奇性探究が強いと、新たな経験を積むことができるかもしれせんが、その分、命の危険にさらされることになるのです。逆に、新奇性探究が弱ければ、安全、確実な生活ができるということになるわけで、これらの違いは「優劣」ではなく、「一長一短」ということなのです。

 

では最後にもう一度、ご質問いたします。

 

「『スリル』って好きですか?」