日本航空(JAL)が開設したフェイスブックのページに、全日空(ANA)の機長とみられる利用者が「調子乗ってんじゃねえよ!」などと書き込んでいたことが明らかになった件

 

機長のSNSへの書き込みは大人気なかったが、気持ちは分かるといったところ。あえて、身元を明かしてJAL批判をしたかったのかもしれない。

 

JALは本当なら潰れて跡形もない会社なのに、税金でゾンビのように生き返った。同業他社に勤務する社員としては、ゾンビがまたライバルになったのだから、気分が悪いのは当然。JALの経営幹部も社員も、普通の会社なら路頭に迷う。他業界の私でさえ、JALに対して気分が悪いのだから、航空業界の人達は、JALに対して、とても気分が悪いだろう。

 

ただ残念なことに、一般的消費者は、飛行機に乗るときは安くて利便性が良ければ、そちらを選ぶ。消費者は勝手だから。JALを批判していようとゾンビ飛行機に乗るのだ。これがANAの人を含めた同業他社が腹の立つ原因の核心だろう。機長の気持ちは理解できる。やり方はまずかったけど。

 

さて、本題。以下は別のSNS炎上。炎上は同じだが、上記と違い火を付けた当事者の気持ちが全く理解できない話であり、火付け人がYahoo!社員だということが、個人的には興味深い。