「はてな匿名ダイアリー 」の「こんな感じの友人がいるんだがちょっと苦手だ」という書き込みが話題になっている。

B「このまえ新しくテレビ買ってさ」

C「へーどんなん?」

B「○○機能がついてて、△△インチ」

A「ふーん。俺は大きさ求めてないからいらないな」

という例をあげて、
“なんというか、普通の雑談に「自分にとってどうであるか」を必ず挟んでくる感じ。
これをやられると、お前にとってどうだかとか聞いてねえよという気分になる。
「あーそうなんだ」とかいって雑談できないのだろうか。”
と感想が続く。

 

えええー!

「自分にとってどうであるか」って話すのふつうじゃないの?

 

ぼくだって、Aのような受け答えは苦手だ。

だけど、その理由は、「自分にとってどうであるかを言うから」ではない。

 

たとえば、以下の受け答えだったらどうだろう。

B「このまえ新しくテレビ買ってさ」
C「へーどんなん?」
B「○○機能がついてて、△△インチ」
A「俺、小さいサイズでいいかと思って、○○インチにしたんだよ。△△インチってけっこう大きくない?」

 

最初の例と同様、Aは「自分にとってどうであるか」を挟み込んでいる。
このやりとりでも苦手だろうか?

 

「自分にとってどうであるか」を言わない雑談なんて味気なさ爆発だ。

雑談にまで同調圧力を持ち込まないでほしい。

「あーそうなんだ」レベルのリアクションしかないなら、AI搭載のしゃべるぬいぐるみでいい。

目の前の相手と対面しているのだから、「自分にとってどうであるか」を返してほしい。

 

最初の例で、Aのやりとりが嫌なのは、話題を捨てているからだ。

Bが「新しいテレビを買った話題」を投げる。

Cが、話題を受け取り、「へーどんなん?」って疑問で投げ返す。

会話のキャッチボールが成立している。

Cの投げ返した球をBが受け取り、「○○機能がついてて、△△インチ」と返す。

ところが、Aの「ふーん。俺は大きさ求めてないからいらないな」は、その話題を受け取ってはいるが、相手に投げ返さず、ぽいと捨てている。

それは不愉快だろう。

キャッチボールしているときに、受け取った球をぽいっと横に放り捨てて、「ほらまた投げてこいよ」という顔をしているようなものだからだ。