不安が掻き立てられると交感神経が緊張し、血管や筋肉が収縮して血の巡りが悪くなり、疲れがさらに取れなくなります。医学的にストレス解消とは、日ごろストレス問題を考え続けている脳に別の視点を与え、いったん自分がとらわれている目先の問題から一度、脳の気をそらせることです。

  

すると脳は、新たな神経ネットワークを構築するきっかけを与えられます。ボーっとしながら必要以上にストレス問題を大きくする余計な考えを中断させ、不安を駆り立てる思考パターンをやめさせるきっかけとなります。

 

休日にボーっとすごすことは、ストレス解消になりません。それどころか、自分で新たな問題や不安を作り出すきっかけです。自分で次のストレスを作り出していることに気づきましょう。

 

憂鬱な月曜日にシャキッと出勤するためにはどうすればいいか? もう、お分かりですね。一つは、朝、寝ダメをせず、ちゃんと朝食をとるようにすること。そして、日ごろ忙しくてできない趣味に没頭して気分転換を図り、脳に新たな刺激を与えることです。スポーツ、散歩、絵を描く、編み物をする。あなたがやってみたいことなら、何でもかまいません。

 

ここで最も大切なことは、あなた自身が本当にやってみたいことをやってみる、ということです。脳に、ガッツリ集中させるきっかけなら、何でもかまいません。特に運動は、脳神経の成長因子を分泌させて脳のネットワークを新たに構築するきっかけを作るので、ストレス解消の積極的方法です。

 

週末には本当の意味でのリフレッシュをして、いきいきと月曜の朝を迎える準備を整えましょう。ぜひ、お試しください。