JR西日本が公表した内容によると、「ディーゼル発電機で発電した電力でモーターを回す『ハイブリッド』方式を採用。非電化のローカル線にも乗り入れることができるようにしている」とある。山陰本線は、電化区間が一部しかないので、それに対応しているのだと思うが、中国山地にあるいくつもの閑散ローカル線に乗り入れる予定はないのだろうか?

 

クルーズ列車の乗客は、いわゆる「鉄道ファン」とは異なる客層であろうから、マイナーなローカル線には興味を示さないのかもしれない。けれども、せっかく旧国鉄から引き継いだローカル色たっぷりの風情ある路線が多いのだ。そうした路線の沿線の活性化や知名度を向上させるためにも、走行路線にバラエティを持たせて欲しいものである。

 

現状では、閑散路線の列車ダイヤを不便この上ないものにして、いずれ廃止しようと目論んでいると穿った見方をされてもやむをえないような施策を取り続けている。もっと、積極的に、クルーズ列車を利用してローカル線の活性化を図ってもらいたいものだ。

 

なかなかクルーズ列車には縁のない鉄道ファンには、クルーズ列車の前後に「追っかけ」用の臨時列車でも走らせると、面白い商売になるのではないか、と思うが、そうしたアイデアは鉄道会社にないのだろうか? 「SLやまぐち号」を列車で追いかけることさえできなくしてしまった会社だから、多くは望めないけれど、もっと積極的になってもらいたいと思うと同時に、鉄道ファンを大切にする会社であってほしいものだ。

 

まだまだ、イメージの段階なので、期待と不安が交錯するのはやむをえないけれど、よい意味で「予想外」の列車が登場してほしいと思う。せっかくデビューするからには、末永く誰からも愛される列車であることを望む。それが、一鉄道ファンの願いである。