列車の走るルートは具体的に示されてはいないけれど、「瀬戸内海や日本海にも映える深い緑色を基調とした斬新なデザイン」とあるから、京阪神を起点として、山陽本線、呉線、山陰本線あたりを経由するのではないだろうか。中国山地を横切るとしたら、どのルートを取るのか興味深いところである。

 

それにしても、ルートは「ななつ星」同様、自社内で完結するようである。「ななつ星」の場合も九州内を行ったり来たりするだけで、本州に乗り入れることは考えていない。本当は考えたいのであろうが、色々面倒だからやめておこう、というのが本音のような気がする。しかし、せっかく寝台車を造っておきながら長距離を走らないのは、宝の持ち腐れではないだろうか? 線路はつながっているのだから、もっと柔軟な対応を考えてもいいのにとも思う。

 

今回のJR西日本の列車にしても、北陸本線を走行することはないのであろうか? 「トワイライトエクスプレス」は早晩廃止になるであろうから、その代替列車として青森方面へ、欲を言えば北海道へ乗り入れて、夢のある列車にしてもらいたいと願う。現実的には、北陸新幹線が開業すると、並行在来線は第三セクター化され、JR西日本の手を離れてしまう。

 

他社への乗り入れはしたくないと考えれば、前述のようなルートはあり得ないのであろう。しかし、走行ルートが限られてしまえば、マンネリ化は避けられない。ましてや、豪華列車は計画されているだけでも3社で競合する。高根の花では、リピーターは、多くはなさそうだから、数年もすれば飽きられてしまうのではないだろうか?