前回「音を聞く力を養うこと<その1>」からの続きです。読み書きの勉強を始める前にすることとして、

 

(1)身の回りの音

(2)楽器の音

(3)体で出す音

(4)リズム

(5)頭韻法

(6)声

(7)口頭での文字の合成と分解

 

の7つの側面があることを紹介し、前回は(4)リズムまで内容の紹介をしました。今日は(5)頭韻法から。

 

(5)頭韻法 :英語ではalliterationと言い、my magic mittenというように単語の初めが同じ音になっていることをいい、このalliterationの基礎を作るのが目的です。

 

フォニックスにつなげていくのに、「単語の最初の音を聞きわける」ことはとても大切なことです。そこで、単語の最初の音を聞くアクテイビティとして、よく「I spy game」 を行います。

 

教室で輪になって座り、先生が I spy someone whose name begins with A. (名前の最初がAで始まる子を見ているのよ) と言い、誰のことか当てさせたり、I spy something begins with c. (c の音で始まる何かを見ているの)と教室の中のものを当てさせることもあります。

 

最初は、一つの単語だけに注目させ、何の音から始まるか聞き取りをします。これができるようになると、単語を書くときにどの文字から書き出したらいいかがわかるようになりますね。

(*特に日本人の場合は、一つの音は「か」「め」など子音と母音がくっついているので、なかなかkaがkで始まるということが認識しにくいのです。だからこそ、時間をかけて音素を聞く時間を取る必要があります。これがジョリーフォニックスにもつながっていくのです。)

 

次に、単語の最初の音を意識できるようになったら、おもしろいアクテイビティとして、宇宙人を作っちゃうのです。これはどういうことかというと……適当に単語を発して、それと同じ音で始まる意味のない言葉を羅列して、宇宙人の名前にしちゃうのです。Ping, poo, pang, pooなど。