女性の年収、低すぎ? 日本はこの30年、男女の格差が埋まっていない【データ】

 

愕然とする調査結果だ。就職超氷河期だ、非正規雇用だ、ブラック企業だニートだと、雇用全般を憂えたり、論じる記事ならいくらでも読んできた。日本における平均年収が約400万円(408万円)だという統計も、あちこちで引用されている。

 

でも、ここに示されているのは、平均年収約400万円というキリの良い数字に隠された内訳が「日本人男性の平均年収502万円、日本人女性の平均年収268万円」なのだという衝撃、そして日本人男性と女性の年収格差が、この34年間ほとんど縮まっていないという絶望的な事実だ。

 

現在、男女格差の社会的規模の是正が進んだ米国では、女性の年収は男性の80%強まで上昇している。いやそれでも本来的には、平等を掲げるあの社会としてはその20%のギャップも「理不尽だ」と激しい論争の種だろう。なぜ性別でこのような格差が生まれるのか、それは差別であると、社会のあちこちで怒号を上げる市民がいるだろう。怒号では解決しないと思うひとは、社会のどの要素が女性の収入に対する「下方圧力」となっているのかを分析して、いまこの瞬間にも具体的に働きかけているだろう。

 

しかし日本の女性は、同じ時代に男性の年収の半分をようやく超えるくらい、53%で暮らすという人生を、おとなしく享受している。必ずしも怒りの声を上げるでもなく、デモやストライキが起こるでもなく。

 

日本は先進国である。GDP世界第3位、最近まで2位に位置した、経済大国である。その先進国で、事実上「女は、男の半分」。日本の女性はなぜこれに発狂しないのか。