「今の仕事、辞めてもいいよ。」

 

結局、この一言だったと思う。私が妻と結婚を決意したのは。もう5年以上も前の話だ。その頃、私はとても堅い仕事をしていて、周囲には「絶対に今の仕事を辞めたらダメ。」という人たちしかいなかった。

 

そんな環境にいた私にとってはとても新鮮かつ衝撃的な一言だった。彼女からすれば、仕事は何かしらしてくれればいいという感覚だったのかもしれない。けれど、私からすれば、彼女を他の女性と差別化するには十分な一言だったのである。

 

世の中には、独身の男女は溢れていて、結婚を望んでいる人もたくさんいる。そんな男女を何とか出会わせようと民間はもちろん、自治体も乗り出して婚活をサポートするサービスを打ち出している。

 

けれど、出会わない。なぜか。もちろん、勢い、タイミングの問題もある。しかし、最終的には決め手がないからである。じゃあ、大勢の人の中から、彼にあなたを選んでもらうには何が必要か。