レンタルという本業収益に加え、フランチャイズ展開により全国各地での初期出店費用を抑え、ロイヤリティという安定収入を生み出す。もう、この時点である程度完成されたシステムです。しかし、さらに凄いことが隠されています。

 

例として、フランチャイズ店が自分たちの売り上げの為に入会者獲得キャンペーンをして会員数を増やしたとします。当然ですが、その会員数は、現場で努力したフランチャイズ店だけの会員だけではなく、そのまま大手レンタル店の会員になるわけです。ある程度、会員数が増えたところで、大手レンタル店は今後の業界推移や時代の流れを見極め、集まった会員に"宅配レンタル"の存在を周知します。

 

このサービスを気に入った会員は店舗ではなく宅配レンタルに流れます。出店リスクを減らし、会員数を増やしたら自分のところで直接、レンタルしてもらう。素晴らしい流れです。さらに、宅配レンタルは返却はいつでもOK!延滞なし!これがまたよく考えられている。

 

宅配レンタルは、月額制で利用本数はプランによりけり。支払いはクレジットカード。商品の返却をしないと月額支払いはしないといけない。つまり、返却されなくても月額の売り上げがあがる仕組み。凄いですね。返却はいつでもよい。という安心感を見事についています。

 

そして、宅配レンタルユーザーはオンライン配信への布石となり、店舗から始まった会員は宅配レンタルを経由し、インターネットで有料配信動画を見る流れとなるわけです。さらにいえばポイント制度の共有で他業種との顧客シェアを図る。こうなると元のレンタル業はすっかり薄れていますね。