■おにぎりの握り方

ごはんを120g程度でおにぎりを作るのが理想です。ごはんを手に取り、真ん中にくぼみを作り、具を入れます。その後、丸くします。そして、手のひらに置いたごはんを薬指と中指で三角形を作ります。これで終了です。

 

手の中で回しながらカタチを整える必要はあまりありません。ラップやアルミホイルで成型するのが良いです。なぜなら、ごはんを硬めに炊いているので、ほぐれたりする可能性が低いです。

 

何よりも時間と共にごはんは硬くなるので、食べる直前に再度、ギュッとおにぎりを固めるのをおすすめします。口どけが良いおにぎりは握りすぎないのがポイントです。