埼玉県と千葉県を走る東武野田線(大宮~春日部~野田市~柏~船橋)が4月1日から「アーバンパークライン」という路線の愛称名を導入、「アーバンパークライン」のロゴまで作って路線のイメージアップを図っている。

 

東武のリリースによれば、「沿線価値向上」を目指すとあり、読みようによっては、「野田」という名称は、野原と田圃ばかりという田舎臭さを連想するから「NO(ノー)だ」と主張しているみたいで、同じ野田を名乗る筆者からすると、何だかバカにされたようで面白くない。それにしても、なぜ、「アーバンパークライン」なのか?

 

この言葉は、アーバンurban「都会の」、パークpark「公園」という英語を組み合わせた造語で、大宮、春日部、柏、船橋といった都市を結び、沿線には大宮公園、清水公園といった公園が多いゆえの命名だという。東武は、先に本線にあたる伊勢崎線の浅草~東武動物公園間を「スカイツリーライン」と命名し、勢いに乗ってカタカナ路線名第2弾として野田線のテコ入れを図ったともとれる。

 

しかし、「アーバンパークライン」と言われても、どこを走っている路線なのかさっぱりわからない人が多いのではないだろうか。