消費が右肩下がりと言われている日本酒業界で、今や一番知名度があって、売り上げも伸びているお酒と言えば「獺祭(だっさい)」ではないでしょうか。テレビに多くとりあげられ、どこでもひっぱりだこで、とうとうパリに直営店を出すほどの勢いです。

 

なぜ、こんなに人気があるのでしょうか。ちょっと個人的な視点で解説してみたいと思います。

 

■そもそも獺祭はおいしかった
獺祭はおいしいのです。おいしいから売れている。これはもう当たり前ですね。おいしい上に、常に新しいことに挑戦し続けているのですから、人気が出るのも納得です。

 

例えば獺祭には、「遠心分離」という名前のお酒がありますが、これは遠心分離機を使ってもろみとお酒を分離したものです。本来は酒袋にもろみを入れて、機械で圧力をかけてお酒を搾るところを、圧力をかけずに機械を使ってお酒を分離させるというものです。そうすることで、雑味の無いきれいなお酒になるのです。この遠心分離機は高価だったり、搾られるお酒の歩留まりが高くなったりと、コストが高くなったりするのですが、おいしく仕上げるためにいち早く導入していたりします。

 

ただ、ここまでの人気が出る前は、獺祭といえば、「安くて、めちゃめちゃうまくて、コストパフォーマンスがいいお酒」という印象でした。

 

獺祭にもいくつか種類がありますが、今の獺祭のシンボル的存在は「磨き二割三分」という、玄米からお米を23%まで磨いて造ったお酒です。特別な製法をしている「特定名称酒」の分類で言うと、「純米大吟醸」になります。

 

純米大吟醸は、お米を50%以下まで磨いたお酒。普段食べている白米が、玄米の状態から90%ぐらいの状態にしているということを考えると、獺祭で使うお米は、かなりの部分を削っていることがわかりますね。

 

その製法から手間も原材料もかかる、お高いお酒だったので、僕がよく飲んでいたのは「磨き二割三分」ではなく、「純米大吟醸50」という、50%までお米を磨いたお酒でした。お米の磨き具合が違うのですが、磨きが少ない分(といっても普通のお酒に比べると十分磨いています)リーズナブルだったのです。確か1500円にいかないぐらいだったんじゃないでしょうか。「この値段でこのクオリティ!」と驚いたものです。

 

あとは、当時の僕らの間で獺祭というと、スパークリング日本酒である「発泡にごり酒」のイメージが強かったのです。シャンパンのような瓶で、蓋をポン!と飛ばして日本酒を飲むというのが、何ともおしゃれで心地よく、しょっちゅう飲んでいました。

 

というわけで、普段は「純米大吟醸50」や「発泡にごり酒」を飲み、特別なときに「磨き二割三分」を飲むというのが「獺祭」というお酒のイメージでした。もちろん「磨き二割三分」はとてもおいしくて好きだったのですが、お値段的にそうそう買えなかったのです。