あなたがサービスを受ける場合、「無料」がいいのか、「有料」がいいのか。できれば「無料」が良いと思う方が多いのではないでしょうか?

 

Gメール開設から10年、ユーザーが払う「無料」の代償

 

スマートフォンの利用が多くなり携帯電話会社の提供する「キャリアメール」の利用が減り、その代替えとして無料メールサービス「Gmail」などを利用している方も多くいると思います。

 

記事の中で、

 

法律専門家のベナム・デヤニム氏は、「無料のものなど存在しない。だから自分が無料サービスにどんな価値を提供しているのかを理解しておくことが重要だ」と話す。

(中略)

マイクロソフトの「アウトルック」やヤフーなどの大手はいずれも、無料サービスの提供を通じて何らかの利益を確保している。ハイテク企業の間では、ユーザー情報に基づくターゲット広告がビジネスモデルの主流になり、フェイスブックなどのソーシャルメディアもこの方法で収益を上げている。

 

とあります。