生まれた国とはいえ、その文化から遠く離れて暮らしていると、帰国時には毎回何かしら驚きがあります。

 

昨年末も日本に一時帰国していたのですが、紅白で船橋の非公式キャラクターのふなっしーのキャラとデザイン、そしてそのひっぱりだこっぷりを象徴するかのような少し汚れた水色×薄黄色に驚いたり(まわりがきらびやかなので特に目立った)、レストランでセットメニューごとに別々のサイドメニューが出てくるという相変わらずの日本クオリティのサービスとか、前よりもいろいろなサービスを利用する上で同意書にサインさせられる一方で、質問しても明言を避けられて一方的に約束させられることが増えたような気がすることとか(クレーマーが多いから?)、いろいろと驚くことがありました。

 

Wi-Fiの使える所の少なさも相変わらずで、慣れはしましたが、やっぱり驚きました。一時帰国している間だけ携帯を持つのもどうかと思ったので、外出時のネットの利用はあきらめ、電話は久々にテレホンカード引っ張りだし、公衆電話を使うということもままありました。最近では公衆電話を探すのも一苦労です。