ライフプランなどのご相談を受けますと必ず出てくるのが年金。老後資金としての年金は大切な生活の糧となります。引退してからの収入となれば年金に頼らなければならないと言う方も多いかと思います。

 

そして、年金の話になると必ずと言ってよいほどボヤきが出てくるのが「世代格差」です。さまざまなところで算出されているように、納めた金額と受給額の「世代格差」は当然生まれてくるのでしょう。それはシステム上、仕方のない話です。

 

別に年金システムを擁護しようということではありません。年金システムを絶賛しているものでもありません。ですが、今のままのシステムが継続されるならば「世代格差」は永遠に続く可能性があります。

 

ここで大胆に上手く公平感が出てくるような年金システムの提案をしてみましょう。

 

まず、「年金」と言う名前をなくし、生活保護制度と合併し、ベーシック・インカムのような形で新しくしてしまう。受給資格は、これまでの年金受給の資格と一緒で、何らかの理由で働くことが出来ない状態となってから。所得金額に応じて、受給額を減らすわけで、高所得者は需給が出来ないシステムにする。

 

これだけで十分じゃないですか? 「世代格差」と言われるのは、無理矢理納めさせられているのに、世代によって受給金額が違うし、自分が納めた分すら戻ってくる可能性もないとなれば、「損をした!」意識が芽生えてしまうためでしょう。