朝来て、お気に入りの席に座れて、周りに気の合う同僚が集まってくれたらラッキー。でも、その逆で、座ろうと思っていた席が空いてなかったり、目の前にニガテな上司が座ってしまったらがっくり……。

 

フリーアドレス導入で、毎朝こんな一喜一憂があるとすれば、けっこう大変です。イベントやワクワクを楽しめるアクティブな人には向いていますが、中にはストレスを感じる人もいるでしょう。

 

フリーアドレスのオフィスに馴染めない人が、ダメだと言うわけではありません。会社とは、企画力や創造力、営業力など、それぞれ違った能力を持つ人たちが、各自の力を活かす場所。つまり社員それぞれ個性があるわけで、フリーアドレス制に合う人、合わない人がいるのも当然のことです。

 

会社は基本的に利益を追求しなければいけませんし、オフィススペースの縮小は大きなコスト削減ですから、今後、フリーアドレス制の会社が増えていくことは、容易に予想できます。