2014年2月24の「日経MJ」、一面は、あらためて注目されている、「ウラ表参道」についてです。

 

表参道在住のライターとして、このエリアに集まる男性の傾向についてご取材いただいたので、「エアプランツ男子」という言葉で表現しました。私が思う「エアプランツ男子」とは、まさにエアプランツ(エアープランツ)のように、空気中にあるものを吸収して成長している男性のこと。

 

植物の場合、それは水分や窒素ですが、男子の場合、それは街やセレクトショップの空気感。カルチャーの文脈上にある色々なものです。表参道を歩き、買い物をするのは、高級ブランドで全身をかためるためでも、無理をして自分を飾るためでもない。セレクトショップで雑貨を含めた買い物をしたり、できる範囲でファッションにお金を使ったりしながら、自分のこだわりを表現していく。

 

贅沢消費や、ご褒美消費ではなく、理想のライフスタイルに近づくために少し背伸びをする「こだわり消費」とも言えるかもしれません。

 

カップルじゃないと歩きにくい、とも思わないし、1人や、男友達と買い物をする方が気楽なこともある。最近よく見かける、そんな男性たちを見ていて、エアプランツみたいだな、と感じたのでした。

 

気になるこのトレンド、引き続きチェックしていきたいと思っています。