婚活パーティーで知り合った女性を脅迫したとして、生命保険会社社員の男性が逮捕されました。

 

男性は昨年12月から今年1月にかけて、婚活パーティーで知り合った女性宅に「身の回りに気をつけてください。何が起こるか分かりませんよ」などと書いた文書を郵送した疑い。また、女性が12月初旬に付き合いをやめると連絡すると、「デートに使った18万円を返せ」と電話などで迫ったといいます。

 

■そもそも食事代などのデート代は返してもらえる?
もし、食事をご馳走する際に、「お金は僕が出すけど、ワリカンだから今度返してね」などと言い、相手も了解している場合には消費貸借契約(お金を貸し、あとで返してもらう契約)が成立していると思われるので、のちのちお金を返してもらうことも可能でしょう。

 

しかし一般的に、食事代や映画館代などのデート代を一方が支払う際にこのような約束はないでしょう。

 

そうであれば、実態としては贈与契約(自分のお金や食事を無償で提供すること)が成立しているといえるので、交際中の男女間、もしくは交際前の男女間で、のちのちデート代を返してもらうことは難しいでしょう。